理事長あいさつ

理事長 片野 光男

学校法人福岡女学院理事長 片野 光男

学生も教職員も共に成長する学院:
あなたがして欲しいように、他の人にもそのようにしなさい

 137年前、米国のギール宣教師によって福岡の地に撒かれた一粒の種(キリスト教精神を基盤とする女子教育)は、キリスト教禁止令、第二次世界大戦、福岡大空襲による学校焼失など幾多の波乱に満ちた年月を経て、学生数4000名を越える総合学院(幼稚園?中学?高校?短大?大学?大学院?看護大学)へと成長しています。
 そして、2022年度には明日の時代を担う中?高生育成のために「あらゆる災害に対応可能な多機能新校舎の建設」、2023年度には時代の変化に対応可能な看護教員養成のために「看護大学に大学院設置」と社会貢献の道を「開き」続けてまいります。
 また、本年度より第2期中期計画がスタートします。他との競争ではなく「なくてはならない総合学院」を合言葉にさらなる成長を目指します。具体的には、「各学校の連携を意識した総合学院としてのブランド力の創生」「社会環境の変化に対応可能な教育システムの整備」を目標の柱にしています。

 何よりお伝えしたいことは、先人達が作り上げてきた見える姿の内に息づいている「なぜ福岡県最初の女学校を作ったのか」「なぜセーラー服が生まれたのか」「なぜ反米?反日の中でキリスト教学校が存在できたのか」「なぜ校舎の全焼から復興できたのか」「なぜ福岡市唯一の私立女子大学を作ったのか」「なぜ幼稚園から大学までを擁する一大総合学院ができたのか」という「思い」です。私は、その「思い」を「あなたがして欲しいように、他の人にもそのようにしなさい」というふうに感じています。そして、この「時を繋いできた思い」こそが学院の宝だとしみじみ感じています。

 この「思い」を繋いでゆくために、「我々学生と教職員は、志高く、身を整え、敬いをもって毎日キャンパスの門をくぐりましょう。門を入る時、出る時は、空を見上げるようにしましょう。門を入ったら、心の時間軸を長めに調整することに努めましょう。そして、道や建物の中では、顔を上げ、胸を張って、中央ではなく、端を颯爽と歩くよう意識しましょう。」
 先人達の「思い」を胸に、より多くの社会貢献を希求し、懸命に誠実に学生の教育を通して学生も教職員も共に成長する学校教育に邁進いたします。


2022年4月
学校法人 福岡女学院
理事長 片野 光男

院長あいさつ

理事長 片野 光男

学校法人福岡女学院院長 阿久戸 光晴

柔軟な判断力と絆の形成のできる人作り、
これが本学院の教育方針です。

 中高を基盤として発展した福岡女学院は今年創立137周年を迎えます。学院聖句「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。」は、ぶどうは、各学校であり、それぞれの教育の理念の基に教育を行っていますが、学院という幹につながることにも通じていると考えます。
 学院は、総合学院として、園児、生徒、学生が共に学んでおり「イエス?キリストにつながれて、愛をもって神を畏れ隣人と共に生き、豊かに実を結ぶ人間」となることを願って、教職員が情熱をもって共に励んでまいります。

  現在新型コロナウィルス感染症によるオンライン授業等は、これからも教育の形態の一つとして、発展していくことでしょう。SNS等多くの情報があふれる社会ですが、それゆえにかえって生きづらさを感じることもあるでしょう。真実を見極めることができる知恵を養い、平和の秩序のもと各人が知性を磨き、キリスト教的素養のもとグローバル言語としての英語を駆使しつつ女性の一生を見据えたキャリア教育を受け、柔軟な判断力と絆の形成のできる人作り、これが本学院の教育方針です。今の社会に必要な教育がここにあります。 皆さまのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

2022年 4月
学校法人 福岡女学院
院長 阿久戸 光晴